ホーム » ストレス » 精神科に勤務する看護師のストレス│特に急性期病棟でストレスが強い

精神科に勤務する看護師のストレス│特に急性期病棟でストレスが強い

一口に「精神科」といっても、精神科には大きく2つにわけられます。

1つは、緊急入院・措置入院などがある急性期病棟や、
ストレスケア病棟。

もう1つは、療養病棟や認知症ケア病棟など、
比較的症状が落ち着いている患者さんを看る病棟です。

急性期病棟・ストレスケア病棟では、
うつ病、統合失調症、拒食症、パニック障害、PTSDなど、
様々な症状をもつ患者さんが入院してきます。
さらに、リストカットや自殺企図をする患者さんもいるため、
細かい観察や記録が要求されます。

更に、不安定な状態の患者さんから、

言葉や身体の暴力を受けることもあります。
(そのため、精神科急性期病棟では、
男性看護師の比率が他の科よりも高くなることが多いようです。)

また、アルコール依存症や薬物依存症の患者さんの中には、
再入院を繰り返し、治療に対する意欲が全く見られないケースも少なくあありません。

そういった患者さんに接し続けていると、
「なんでこの患者さんのために、
一生懸命看護をしなければいけないんだろう。」と
看護する意味を見失ってしまうこともあります。

看護師も人間です。

患者さんが回復に向かって頑張るからこそ、
「応援したい」「早く良くなって欲しい。」と
辛い夜勤や心身が疲れても頑張っていかれるんですよね。

それがないというのは、看護師にとって
精神的に大きなストレスがかかります。

こういった患者さんの特徴から、
精神科の急性期病棟・ストレスケア病棟の看護師は、
慢性期の精神科病棟の看護師よりも、
高いストレスを感じていると言えます。

これは、精神科の看護師に対する研究論文でも明らかになっています。

逆に、慢性期の病棟では、
一般病棟より身体ケア(体位交換や移動など)が少なく、
患者さんの病状もある程度パターン化しているため、
比較的ストレスを感じずに勤務が出来るようです。




タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。