ホーム » ストレス » 救急に勤務する看護師のストレス│若いうちは精神的ストレス、経験を積むと肉体的ストレスが強い。

救急に勤務する看護師のストレス│若いうちは精神的ストレス、経験を積むと肉体的ストレスが強い。

救急は、看護師としてストレスを抱えやすい職場です。

日勤・夜勤に関わらず急患があり、
処置も多いなど肉体的なストレスはもちろんですが、
特筆すべきは精神的なストレスです。


救急で働く看護師さんには、
幅広い知識と、役割が求められます。

救急に運ばれてくる患者は、赤ちゃんから老人まで幅広く、
外科分野、内科分野など、全ての科の病気を看ることになります。

さらに、患者さん本人とのコミュニケーションが取りにくいだけでなく、
家族と医師との間を調整したり、
病棟看護師との連携をしたりと、
非常に気を使う、負担の多い業務も
こなさなければなりません。

しかも、そういった判断を瞬時に、
的確に行わないといけないのです。

そういった意味では、特に経験の浅い看護師さんの場合、
勤務のたびに強い緊張状態が続き、
精神的にとても疲れてしまうことがほとんどです。

また、残念ながら患者さんが亡くなることも多く、
「バーンアウト」=燃え尽きたような思いを持って
救急の現場を去る看護師さんも数多くいらっしゃいます。

もともと、「救急看護に携わりたい」という強い気持ちで
救急看護師になる方も多いのですが、
そういった方が、理想と現実のギャップに
疲れてしまうといったこともあるようです。

逆に、救急看護で経験を積み、
年齢が上がってくると、
精神的疲労よりも肉体的疲労を強く感じる傾向があるそうです。

患者さんの移動や重たい機器を扱うなど、
救急看護には、力仕事も多くなっているのです。

そのため、救急看護の現場では、
他の病棟よりも積極的に男性看護師を採用しているところも
多いようです。

男性看護師の採用が進み、
ベテランの女性救急看護師さんへの負担が
減ってくれるとよいですね。


救急は、一般の人にとって「命を守る砦」のようなものです。
そこで働く看護師さん達への負担が
少しでも減るように祈るばかりです。


タグ /

Return to page top

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。