ホーム » 日記

看護師として楽な職場へ転職したい│健診機関や人工透析機関がおすすめ

「夜勤に疲れてしまった。」
「病棟勤務は体がもたない。」
「精神的に看護業務に疲れた。」
こういった声を、転職された看護師さん達から伺うことがあります。

夜勤は看護師の業務の中でも重要ですが、
体調不良や結婚・子育てなど環境の変化から、
少しでも楽な職場へ移りたい!と思われる方も多いようです。

「楽な職場」には、
身体的に楽な職場と、精神的に楽な職場があります。

まず身体的に楽な職場とは、
・夜勤がない
・患者さんの移動や身体介助などが少ない
・残業が少ない、または休みが多い
などが挙げられます。

次に、精神的に楽な職場とは
・ルーチンワークが多い
・比較的軽症の患者さんが多い
・患者さんの死や、重大な医療事故につながる業務が少ない
などが挙げられます。

これら両方のの条件を満たすのは、
人間ドックなど健診機関の看護師や、
クリニックの看護師などがあります。

どちらも、夜勤はなく、
クリニックは残業が多いところもありますが、
そこさえ注意して選べばほとんどの条件を満たしています。

ただ、注意したいのは、
健診機関やクリニックの場合、
患者さんとじっくり関わる時間は減ってしまうということ。
看護師として、「患者さんとじっくり向き合いたい」という方は、
逆にやりがいのなさを感じてしまうかもしれません。
また、スキルアップの機会は失われてしまうことが多いので、
看護師として成長していきたい!という方は
物足りなさを感じるケースもあると思います。

そんな方には、
「透析看護師」というのも選択肢の1つです。
夜勤や残業も少ない上、
仕事の開始時間が比較的ゆっくり目のクリニックもあります。
透析に通う患者さんとの関わりもあり、
人工透析に関するスキルアップも見込めます。
一般のクリニックに比べ、賃金が高めなのもメリットの1つ。

楽な職場へ転職したい看護師さんは、
「人工透析クリニック」も検討の価値がありそうですね。





タグ /

休みが多い看護師の仕事とは│年間休日数と有給休暇の確認を

同じ看護師の仕事探しでも、休みが多いお仕事は人気があります。
やはり、お休みが多いと、プライベートも充実させられますし、
勤務の疲れやストレスも溜まりにくいですよね。
また、お休みが多い職場は、総体的に
残業も少なかったり、従業員の働きやすさに配慮しているところが
多いようです。

では、「お休みが多い」職場は
どのように探せばいいのでしょうか?

求人情報には、必ず「年間休日数」が掲載されています。
「年間休日数」とは、毎月休める休暇の数に
夏季休暇、年末年始休暇を足したお休みの数を言います。
普通の会社員やOLさんのの年間休日数は125日前後と言われているので、
年間休日が125〜130日またはそれ以上だと、
お休みが多い職場と言えそうです。

更に、年間休日数に含まれないものとして、
「有給休暇」があります。
お給料を貰えてお休みが貰える有給休暇。
たくさんあるに越したことはないですよね。
けれど、「年間休日数」とは違い、
「有給休暇」は使っても使わなくても良いという特徴があります。

忙しい職場だと、有給休暇の取得率が
とても低い場合もあります。
逆に、ある程度規模の大きい病院になると、
有給休暇は100%消化!というところも
たくさんあります。

例えば、年間休日数が115日であっても、
年次有給休暇が15日あれば、文字上では
年に130日のお休みが取れるということです。

休みが多い職場を探すには、
まず「年間休日数」をチェックし、
次に有給休暇を確認する。
そして、求人サイトの担当者や病院に
問い合わせをする際には、
「有給休暇の消化率」を確認することがポイントになります!

「年間休日数」と「(消化できる)有給休暇数」の合計が
多いところが、休みの多い看護師の職場・・・ということです。

周りのスタッフに気兼ねなくお休みを取るためにも
有給休暇の消化率が高い職場を探したいですね。



タグ /

主婦が働きやすい看護師のパート│自分の希望条件を整理し、病棟も視野にいれて転職活動を

子育てが落ち着き、パートとして仕事を再開したいと考える看護師の方はたくさんいらっしゃると思いますが、
時間的な制限や子供の学校行事などがあり、なかなか復帰に踏み切れないというケースをよく耳にします。

復帰先の条件として「夜勤がない」「勤務時間が短い」「土日が休み」というのが、希望条件として多いのではないでしょうか。

このような条件で探した場合、該当するのは
・クリニックの看護師
・保育園の看護師
・訪問看護師
・デイケア施設や老人保健施設
などです。

また、最近では、病棟勤務の看護師でも、
短時間勤務正社員やパートタイム看護師の募集をしているところがあります。

どちらがいいのか?という単純な比較は難しいのですが、

1.クリニック看護師
同じ立場のパート看護師が多いケースもあり、働きやすい。
ただし、患者数が多いときは残業があったり、
看護師の人数が少ないので、何かあった時に休みにくい面も。

2.保育園看護師
基本的に1つの保育園にいる看護師は1名というところがほとんどなので、
看護師業務について相談する相手が少ない。
保育業務>看護業務という点でやりがいを見いだせない人も。

3.訪問看護師
求人自体も増えており、パートタイムでも働きやすい。
残業も多くはない。
少人数もしくは1人で訪問看護を行うので、
ある程度の臨床経験やスキルがないと厳しい面も。

4.デイケア施設や老人保健施設
施設によって仕事内容に差があり、
介護業務が多いところだと、身体的な負担が大きいことも。
パートタイムでも受け入れてくれやすく、
勤務日数も2〜5日と幅がある施設が多い。

というそれぞれのメリット・デメリットがあります。

また、最近増えてきている「病棟でのパートタイム看護師」は
・正職員スタッフが多いので、急な休みにも対応しやすい
・パートタイム職員は残業が少ない
・将来的に正社員になる道もある
・・・という面で、案外働きやすい職場のようです。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。