ホーム » 休みたい

土日休みの看護師求人│病棟・治験など幅広い選択肢

家庭を持つ看護師さんは、
ご主人・お子様のお休みが土日という方が多いので、
土日休みの求人を探されるケースも多いですよね。

最近では土日休みの看護師求人も増えてきており、
病棟勤務でも、土日休みを条件にして就職できることがあります。

また、病棟勤務の中でも、「オペ室」などは土日休みの求人が多いですね。

徐々に増えてきているのが
・訪問看護ステーション
・老人保健施設
の看護師求人です。
こちらは、土日休みのところが圧倒的に多く、
同時に夜勤もないことから、
お子様がいらっしゃる看護師さんにも人気の高い求人となっているようです。

少し臨床から離れても良い・・・という方には、
保育園での看護師業務や、
数は少ないですが、一般企業内の医務室勤務という選択肢もあります。
医療業務が少ないので好みははっきりわかれますが、
子供好きな方や育児の経験を生かしたい方は保育園求人を、
事務作業が好きだったり、オフィスで働いてみたい!という方は
企業内医務室を選ばれる方もいらっしゃいます。
ただし、保育園は不定期に土曜日出勤があるところがほとんどですので、
完全な「土日休み」は難しそうです。

同じように、「企業で働いてみたい」
「新しいフィールドで活躍したい」という方には、
治験コーディネーターへの転職、という道もあります。

看護師の経験があればチャレンジできるところが多く、
夜勤がなくお休みの体制もしっかりしているのが特徴です。
また、治験の会社は女性社員が占める比率がとても高いので、
産前・産後休暇や育児休暇、介護休暇などの制度や
福利厚生が整っているところも多くあります。

家庭を持ちながら長く仕事を続けていきたい!という看護師さんは
検討する価値がありますね。

このように、看護師の業界でも、
土日休みのお仕事の選択肢はどんどん広がってきています!
結婚・出産をしても働き続けたい看護師さんには嬉しい変化ではないでしょうか。

タグ /

休みが少ない看護師の職場は?│クリニックや健診機関は休みが少ない

お仕事をしていく上で、欠かせないのが休日です。

看護師の仕事は、お休みが少ないというイメージを持つ方も
多いかもしれません。
実際のところはどうでしょうか?

現在、一般企業のお休みは「年間120日以上」が
スタンダードになっています。
これは、4週8休+祝日+年末年始+夏季休暇が
だいたい120〜130日となっているということです。

看護師の業界では、だいぶ少なくなってきたものの
「4週6休」という病院もあり、
この場合は年間休日110日程度と、
お休み自体はかなり少なくなってしまいます。

また、夜勤がなく土日祝日の安みが多い職場として人気の
『健診機関・クリニック・保育園』求人。

残業も比較的少なく、
病棟勤務に比べて体も楽・・・ということで、
ブランクが長い方や、家庭を持たれた方、子育て中の方にも人気があります。

しかし、これらの求人は、案外休みが少ないことがあるのです。

なぜか?というと、ポイントは「土曜日出勤」。
クリニックや健診機関では、
患者さんの利便性を考えて
土曜日も開いているところがほとんどです。
土曜日勤務分を平日に振り替えて休めるところもありますが、
そうでないところも多いので、確認が必要です。

また、保育園は土曜日も保育を行っているところが多く、
運動会や入園式、卒園式などのイベントはほぼ土曜日に行われます。
当然、看護師も行事に出席する必要がありますので、
その分お休みが少ないところも多いと言えます。

4週6休での病棟勤務(夜勤ありフルタイム)は、
体力的にもかなり厳しいですが、
日勤だけの職場であれば、
平日の残業時間や業務内容、交通の利便性などを考えて、
休日が少なくても、これらの職場を選ぶという選択肢もありますね。

夜勤もある病棟勤務(常勤)を探すのであれば、
何より給与優先!という方以外は、
やはり4週8休がお勧めです。



タグ /

年間休日120日以上の看護師の仕事探し│求人サイトを活用する

求人情報を見ると
「年間休日120日以上」!というのが
1つのアピールポイントになっている病院を多く見かけます。

この年間休日120日以上というのは、
お休みがある程度取れるという目安になります。
例えば、4週8休の病院や施設の場合、
1年間のお休み(一般企業だと土日に相当します)は、
8×12で96日となります。

年間休日というのは、このお休みに
・年末年始休暇
・夏季休暇
・祝日分の休暇
を含めた数を言うのが一般的です。

つまり、96日に
・祝日分15日
・年末年始休暇4日
・夏季休暇5日
の25日を足すと、
121日となり、「年間休日120日以上」の仕事、ということになります。
※夏季休暇は含まれる場合とそうでない場合があるので、
確認が必要です!

今は、一般企業でも「年間休日120日以上」が
しっかり休めて、公私共に充実させられる目安とされています。

看護師はある意味で一般企業以上に体力・気力を消耗するお仕事ですから、
これくらいのお休みは確保したいところですよね。

また、実際はこの年間休日に、
有給休暇もプラスされます。

初年度は6日〜10日程度付与されるところが多いので、
有給休暇6日をすべて使い切ったとすると、
月に平均して11日はお休みできる・・・という計算になります。

実際のところ、有給休暇を完全に取得できるところは少ないですが、
土日プラス祝日分をきっちり休めるというのは、
とてもありがたいですね。

有給休暇とは違い、「年間休日」は、
職員が必ず取得するお休みになりますので、
この休みが多い病院・施設はゆとりある勤務体制をとっていると言えます。

最近は、看護師の求人サイトでも
「年間休日120日以上」という項目で
求人検索ができるところが増えています。

お休みが少ない病院・施設と比べると
給与面では下がるところが多いので、
お金よりもプライベートの充実を重視する!という方にお勧めの仕事の探し方です。



タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。