ホーム » 楽したい

看護師で定時で帰れるところは?│派遣社員・パート社員も検討

看護師として働きたいけれど、
看護師の仕事に残業はつきもの・・・と
あきらめていらっしゃる方も多いと思います。

しかし、数は少ないものの、
看護師として働きながら定時で帰れるところは
存在します。

まず、施設の形態としては、
健診業務・デイケア・透析施設などが挙げられます。

これらの施設の共通点は、
急患・急変が少なく、比較的ルーチン業務が多いことです。
突発的な事態がなければ、残業が発生する確率も低くなります。

更に、より定時に帰ることを重視するならば、
正社員よりも派遣・パート社員を選ぶのも1つの方法です。

派遣・パート社員の場合、当然ですが
正社員よりも業務の責任は軽くなります。
(賃金も安くなりますが・・・。)

特に派遣社員の場合は、派遣元との契約時間があるため、
より定時での勤務終了が重視されるように思います。

看護師として派遣・パートで働く場合、
一般の事務職よりも給与は高めに設定されていることが多いので、
賃金や福利厚生よりもプライベート重視!という方は
選ぶメリットがありますね。

また、保育園のお迎えなどで時間的な制約がある看護師さんの場合は、
職場の雰囲気も大切なポイントです。
自分だけが早く帰る・・・とは、なかなか言い辛いですよね。

育児中の職員が多い施設では、
保育園のお迎え時間があるため、定時で帰る人が多く、
自分も言い出しやすい雰囲気があります。

毎日、自分だけが「お先に失礼します。」では、
周りが嫌な顔をしなくても、ストレスを感じやすいものです。

働く先を選ぶ際には、紹介会社の担当者や
婦長さんなどに、「育児中の方はいらっしゃいますか?」と
聞いてみると良いと思います。

育児中でなくても、「帰りやすい職場の雰囲気」は
定時で気持ちよく帰るために大切な要素です。

なかなか確認するのは難しいところですが、
出来れば率直に話し合い、確認しておきたいポイントです。



タグ /

残業なしで帰れる看護師求人│急変・急患の少ないクリニックや健診機関

残業がない職場は、看護師の業界でもとても人気があります。
特に、お子さんが小さくて保育園のお迎えなどがある場合は、
「絶対に残業できない!」という条件でお仕事を探す方がほとんどです。

求人サイトでは、「残業なし」と書いてあるところと
「残業ほぼなし」と書いてあるところがあります。

「残業ほぼなし」と書いてある場合は、
1日の残業時間が30分〜1時間程度のところが多いようです。

上記のように、保育園へのお迎えなどの事情から
1時間程度の残業ですら厳しい!という場合は、
更に絞って「残業なし」の案件を探す必要があります。

一般的に、大病院での病棟勤務は、
残業なしというところはほぼありません。
仮に求人広告で「残業なし」「残業ほぼなし」と書いてあったとしても、
勤務を続けるうちに残業が必要になった・・・という話はよく耳にします。

クリニックや健診機関、デイケアなどは
残業がほぼゼロ(あっても30分以内)というところもあるようです。

このような求人の場合でも、
外来の患者数が多かったり、
入所者の急変があったりすれば、
残業は止むを得ないこともあります。

そういったときの対応も難しいようであれば、
人材紹介会社の担当者の方に
よく状況を相談されることをお勧めします。

小さいお子さんがいる場合などは特に、
採用されることが難しい場合も多く、

面接の場では、「残業は絶対に出来ません!」など
条件ばかりを強く主張することはなかなか難しいですよね。

第3者の立場で事情を病院・施設側と話し合ってもらった方が、
後々問題が起こらない転職が出来ると思います。

また、採用形態として「正社員」にこだわらなければ、
派遣社員としての看護師勤務も良いと思います。

正社員ではないため、福利厚生の面では待遇は落ちますが、
業務自体も正社員と比べて責任が軽いことが多く、
残がほとんどなく勤務が可能です。




タグ /

看護師の残業が多い科は?│緊急入院や急変の多い科

残業ゼロ!という勤務先は少ないものの、
残業が多い科への転職は避けたい・・・というのが
多くの看護師さんの本音かもしれませんね。

では、残業が多い科というのはあるのでしょうか?
もちろん、病院自体に残業をする体制が定着してしまい、
どの科にいても残業必須・・・という病院も存在します。

そのような病院はさておき、科という視点でいうならば、
緊急入院や急変など、
突発的な仕事が多い病棟=残業が多い科と言えます。

具体的にいうと、
・ICU/CCU
・救急外来または、救急外来を持つ病院の急性期病棟
・脳神経外科や循環器内科
などがこれに当たります。

ICUやCCUは当たり前ですが緊急対応が必要で、
勤務時間帯に緊急対応の案件が多ければ、
必ず残業になります。

また、脳神経外科や循環器内科は、
急変も多く、
通常の業務自体もかなり忙しいため、

救急外来よりも残業が多い病院もあるそうです。

緊急入院や急変があると、
もともと勤務時間帯に行わなければならない仕事が
後にずれこんだり、退勤間近であれば
その勤務時間帯の人が延長して対応を必要とされるケースがほとんどです。

特に日勤帯から準夜勤・夜勤帯へ引き継ぐときは
勤務人数も減るため、
必然的に、人数の多い日勤帯の看護師が対応を続けざるを得ません。

そうした場合、ルーチン業務に急変対応、
それらの記録や後片付け、申し送りなどをしていたら、
17時までの勤務が気づいたら20時、21時だった・・・
ということも日常茶飯事です。

また、急変に対応するなど高度なスキルが求められるため、
勤務終了後や休日の勉強会や研修が多い場合もあります。

これらの科での勤務は、非常に勉強になることが多く
キャリアアップには最適である反面、
体力的・精神的にはキツイ職場であると言えます。

体力・気力のある若いうちにこそ
経験する価値のある科とも言えますね。


タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。