ホーム » 転職理由

看護師3年目の転職理由│一気に責任や仕事量が増す時期

看護師3年目というのは、1つの転機というか、
節目となることが多い時期です。

新卒の1年目を終え、
2年目として経験を積み、
3年目では、早い人だと「指導役」として
新卒の指導係を任せられることもあります。

病棟によっては、
トレーニングとして、その日の勤務の
リーダーを任せられることもあるようです。
また、勉強会の企画や看護研究など、
毎日のお仕事以外の負担も
一気に増えてきます。


しかし、ようやく1人前とみなされるようになっても、
まだ「3年目」。
先輩ナースと比べたら、
知識も経験も不足しています。

そんな中で、
「自分には指導をするほどの知識も経験もない」
「これから先のことが不安」
「仕事の疲れが増え、精神的なプレッシャーも強い」
など、心身共に強い負担を感じる時期でもあるのです。


そのような環境の変化をきっかけに、
転職を検討するケースもあります。

また、「とりあえず3年頑張ってみる」という気持ちで
仕事をしている人も多く、
1年目・2年目と比べて、
自分がどんな場所で看護をしていきたいかを
強く意識する時期でもあるのです。

そんな看護師3年目の転職理由としては、

・大学病院という大組織ではなく、
もう少し規模の小さな組織へ移りたい。

・自分のスキルについて悩み、
スキルアップが出来る病院(科)へ
移りたい。

・都心の病院から、地元の病院へ移りたい。

・出産や育児にサポートや理解のある病院へ移りたい。

・・・など、様々な背景があります。

就職3年目というのは、年齢的にも
結婚や妊娠・出産を考えることも多い時期。

今の病棟では妊娠・出産は無理!と考えたり、
結婚を機に日勤だけの勤務へ移ることもあるようです。


看護師3年目ともなると、まだまだ経験は浅いものの、
「一通りの基本技術は身に着けている」とみなされ、
転職活動も1年目・2年目の転職と比べて
活動しやすくなります。

そのあたりも、3年目で転職を考える
大きな理由かもしれませんね。






タグ /

看護師2年目の転職理由│「新人」からの卒業で不安が増す

看護師2年目の転職理由として多いのは、
「1年間頑張ってみたけれど、
今の仕事でやっていく自信がない。」
「自分には今の病棟は合わない。」
などという理由が多いのではないでしょうか。

とりあえず最初の1年間は頑張ってみて、
切りのいい3月末で退職をする・・・というケースが
多いのではないかと思います。

看護師2年目というと、
看護師1年目が終わり、
通常は「プリセプター」「メンター」と呼ばれる指導者から離れ、
初めて一人立ちする時期です。

達成感や満足感が得られやすい時期ですが、
逆に周りからも
「もう1年目じゃないんだから」という目でみられてしまい、
厳しく接する人も増えてくるでしょう。

看護師2年目というのは、
新人ではないけれどまだまだ半人前・・・という
とても中途半端な時期なのです。

そのため、2年目になってから、
急に不安や自信の喪失感を感じる人もいます。

逆に、自分はこの病棟(病院)の方針や看護に合わないと感じ、
「辞めるなら早いうちに・・・。」と
転職するケースも見られます。

再度保健師過程や助産師過程のある学校に入り直したり、
養護教諭や地域の看護師への転職など
大きなキャリアチェンジを図る人が多いのもこの時期です。

最近では、大卒の看護師が
病棟勤務を経て大学院に入るケースも増えてきています。

まだ年齢も若いので、大胆なキャリアチェンジが可能な時期と言えるでしょう。


では、看護師2年目の転職は、1年目とはどう違うのでしょうか?

看護師2年目の転職となると、
転職先では「新卒ではない」とみなされます。

特に、大きな病院で卒後教育を受けていたり、
ICUなど特殊な部署で1年間以上の経験をした場合には、
短い年数の経験でも、評価されることが多いと言えます。

看護師1年目で転職するよりは、
ずっと選択肢が広がります。
自分の目指す道へ、大きな一歩を踏み出すのもよいですね。

タグ /

看護師1年目の転職理由│大病院が合わない人もいる

看護師として働き始めて、
1年以内で転職するケースがあります。

1年目というと、新人で右も左もわからない時期ですが、
そんな中で、転職したいと思う理由は何なのでしょうか?

多いのが、大学病院の病院に就職してみたものの、
仕事のペースについていけないケースや、
夜勤も含んだ勤務がきつく、
体がついていかないケースが多いようです。

また、「プリセプター」「メンター」などと呼ばれる
指導者と上手くいかず、
退職を考えるケースもあるようです。

看護師に限らず、どの職種でも言えることですが、
就職して1年以内の転職は、
あまりお勧めできません。

まだ「見習い」に近い段階で辞めてしまうと、
新しい職場を探す際も、
ほぼ「新人」とみなされます。

むしろ、一度就職したもののすぐに退職したことで、
「新卒」よりも悪い印象を持たれかねません。
再就職は、条件の良い病院は難しくなってしまうと言えます。


それでも、どうしても看護師1年目で転職が必要なケースもあります。

それは、心身に重いダメージを受けてしまったケース。

すべての看護師が、新卒で選びがちな
大病院や急性期の病棟勤務が出来るわけではありません。

就職する際は、そういった適性というのは
なかなかわかりにくいものです。

合わない職場にいることで、
眠れない・不安・食欲が落ちるなどの
うつ症状が出てくる場合もあります。

そのような場合は、自分の適性を見極めた転職が必要です。

少し規模の小さい病院を選ぶとか、
急性期ではなく、慢性期の病棟を選ぶのも良いでしょう。

最近では、「第2新卒歓迎」といった項目で
求人サイトで、病院を検索できます。

そういった病院は、理由があって1年目で退職をした場合でも
受け入れやすい体制が出来ているということですので、
検討しやすいと思います。

更に、「教育充実」などのPRをしている病院ならば、
丁寧に業務を教えてくれる可能性が高いので、
選ぶ際にチェックしてみてください。





タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。