ホーム » 妊娠中

妊娠中の看護師求人の探し方│転職先の候補と、両立への準備を並行して行う。

妊娠中の転職は、ほぼ可能性ゼロといってもいいほど
難しいものです。

しかし、妊娠中に、産後の再就職について
看護師求人の情報収集をすることは、
産後の再就職をずっとスムーズなものにしてくれます。


妊娠中に、産後に働ける看護師求人を探すポイントは、
・時短勤務や夜勤免除があるか
・院内保育所があるか
・ママさんナースがいるか(多いか)
・・・などの項目をチェックすることです。

時短勤務の場合でも、「短時間勤務正社員」という制度を
導入している病院ならば、
給与は下がりますが「正社員」として働くこともできます。

子供がいて働くというのは、本当に忙しいものです。

仕事の内容も、できれば産前に経験した科であったり、
習得した技術が生かせるところだと尚良いですね。

数年のブランクが予想される方は、
デイケアや老人保健施設など
比較的ハードではない職場を検討するのもおススメです。

最近では、求人サイトの検索条件で
「ブランクあり歓迎」
「ママさんナース活躍中」
などの条件で、働きやすそうな職場を
簡単に調べることが出来ます。

通勤可能な県内の病院を
リストアップしておくと便利ですね。

また、求人情報のリサーチだけではなく、
産後に働ける体制を整えることも大切です。

とにかく出産後は慣れない子育てで忙しいもの。
子供が小さいうちは、動ける範囲も限られてしまいます。

保育所のリサーチや、
家族との家事分担の相談。
面接や求人登録の際に、子供を預ける人がいない方は、
ファミリーサポートや一時保育の申し込みについても
しっかり調べておく必要があります。

フルタイムで働く予定の方は、
祖父母またはご主人の協力が不可欠です。

そのため、妊娠中に、どちらかのご両親の近くへ
引っ越しを検討するケースもよくあります。

また、子供は必ず病気をします。
利用可能な病児保育も調べておくと良いでしょう。

妊娠中から万全の準備をしておけば、
育児中の再就職も、ずっとスムーズなものになります。




タグ /

妊娠中の看護師だが転職したい│妊娠中の転職はほぼ無理。情報収集に努める。

妊娠中に転職を考える方は、そう多くはないと思います。
しかし、退職後に妊娠がわかったり、
産後も仕事を続けられる職場へ転職したいという方も
少数派ながらいらっしゃいます。

では、妊娠中に転職することは、本当に
可能なのでしょうか?

現在妊娠しているということは、
数か月後に必ず産前休暇に入ることが決まっています。
さらに、産後休暇の後は、育児休暇を取得するケースがほとんどなので、
平均して1年のお休みとなってしまいます。

また、妊娠は病気ではないとは言え、
妊娠中の体調は不安定です。
腰痛やむくみなどのマイナートラブルに加えて、
切迫流産などで、急に安静が必要になることも珍しくありません。

特に看護師は、立ち仕事ですので、
事務職よりも切迫流産・切迫早産になる確率は高いと言われています。


「出産後は絶対に復帰します。
育児休暇も長期間は要りません。」という方も、
中にはいらっしゃることでしょう。

しかし、子育ては想像のつかないことの連続です。

保育園に入れると思ったら入れなかった、
子供に病気があり通院が必要になった、
子供を産んでみたらやはり可愛くて育児休暇を長く取得したくなった・・・など
予想もできない状況の変化が起こります。


そういった様々なことを考えると、
厳しい言い方になってしまいますが、
1人分のお給料を払って、
夜勤が出来ない、いつ休むかもしれない職員を雇うのは、
病院にとって大きなリスクになります。

そのため、病院側も採用を見合わせることが一般的ですし、
自分自身のためにも、妊娠がわかっていたら
転職は当面見合わせるのが望ましいと思います。

妊娠中に出来ることは、
産後に向けての情報収集です。

子供が小さいうちは、求人情報をチェックするだけでも
なかなか時間が取れません。

今のうちに、ママさんナースに手厚い病院をリストアップしておりたり、
ママさんナース向けの求人情報が多い紹介会社に
登録だけでもしておくと良いでしょう。





タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。