ホーム » 業務内容別求人

デイサービスの看護師求人を探したい│求人数は多いが、経験年数が少ない場合は施設選びに注意が必要

高齢化に伴い、
老人保健施設での看護師求人は、とても多くなってきています。

その中でも、多いのが特養老人ホームと老健で、
デイサービスの求人はさほど多くありません。

デイサービスとは、「通所介護事業所」のこと。

家庭で療養している高齢者の中で、
要介護・要支援の認定を受けている方が、
日中に通ってくる施設です。

良く似た施設として「デイケア」がありますが、
デイケア=リハビリ中心
デイサービス=入浴・食事などの生活支援中心
という違いがあります。

看護師の仕事としては、
入浴や運動前後のバイタルチェックや
食事のサポートなどを通して、
通所してくる高齢者の体調の変化を早期に発見し、
必要があれば治療に繋げるという役割を担うことになります。

この仕事の最大の特徴は、
まず夜勤がないことです。

そして、急変の可能性も少ないので、
残業が少なく、ゆったりとした職場と言えます。

大学病院などの病棟勤務に疲れたり、
会話やリハビリを通して、ゆったりお年寄りと関わりたいという方や、
家庭との両立を希望する方には
うってつけの職場と言えます。

そのため、オンコールや夜勤有の老健や特養老人ホームと比べ、
求人自体も人気が高いことが多いようです。

求人数自体は、デイケアよりもデイサービスの方が圧倒的に多く、
比較的探しやすいでしょう。

ただし、1点注意が必要なことがあります。

デイサービスの場合、職員は介護職がほとんどで、
看護師は1施設に1人という施設が大多数です。

老人看護の経験が少なかったり、
看護師自体の勤務年数が少ない場合は、
全ての判断が自分に任せられることになるため、
不安や心細さを感じることも多いようです。

経験が浅い場合は、
・病院付属のデイサービスを探す
・看護師が2名以上の規模のデイサービスを探す
などの方法を取った方が、
他の看護職との交流があって安心できると思います。





タグ /

老健で働く看護師求人│病院からの転職には、一番のお勧め。

高齢化に伴い、常にたくさんの施設から募集がある
老健の看護師。

ネットの求人情報などを見ていると、
「老健」「デイケア」「特養老人ホーム」などの求人が
混在しています。

これらの施設の違いや、
業務の違いとはなんでしょうか?

老健とは、介護が必要な高齢者に対して、
リハビリをしながら「在宅復帰」を目指す施設を指します。

つまり、長期間の入所ではなく、
基本的に3〜6ヶ月で退所していく施設です。

これに対して、特養老人ホームは
看取りまでを想定した、
高齢者の「終の棲家」です。
看護師も、特養より配置が少なく、
リハビリはあるところと無いところがあります。

デイケアは「通所リハビリテーション」ですので、
自宅から高齢者がリハビリに通います。

では、業務の特徴はどうでしょうか?

老健は、病院と特養の中間くらいの位置付けですので、
医師・看護師の数も多く、夜勤のある施設も多くなっています。
(職員の3分の1程度は看護師。)

短期間での退所を目的にしているので、
患者さんの介護度も特養に比べると低く、
「退院」という目標への達成感もある職場です。
急変の際も、医師がいるので安心して勤務が出来ます。

これに対して、特養老人ホームは、
施設で亡くなる方も想定した施設なので、
患者さんの介護度は高めです。
スタッフも介護士が多く、
医師も常駐していないことが多い施設なので、
緊急時の判断は、看護師の役目になります。
ただし、看護師の役目は「健康管理業務」なので、
夜勤のない求人がほとんどです。

デイケアは、バイタルサインのチェックや入浴前の処置などを行い、
日勤のみの業務となります。


どの施設も、病院と比べると看護師の数は少ないので、
臨床での経験と急変時の判断力が求められます。

ただ、 病院からの転職で一番違和感を感じずに働けるのは
老健の看護師です。

夜勤に抵抗がなければ、老人介護施設への転職先としては
最も「看護師らしい」業務ができると思います。

タグ /

透析室で働く看護師求人│人気求人だが、業務内容をよく調べてからエントリーを。

透析室は、看護師の就職先として
比較的人気があります。

夜勤がなく、急患もないので、
残業が少ない傾向にあるためです。

さらに、日勤のみの看護業務の割に、
給与が高く設定されることが多いのも
人気の理由の1つでしょう。

病棟看護に疲れた看護師さんや、
結婚を機に透析看護へ移る看護師さん、
育児休業明けの復職先に選ぶ看護師さんなどが
他の科に比べて多くなっています。


透析室(透析クリニック)の看護師求人を探すのは、
それほど難しいことではありません。

看護師の転職サイトで「透析」というキーワードを入れれば、
求人情報はすぐに見つかるでしょう。

透析看護師になりたい!といった時に、
求められるスキルとはなんでしょうか?

一番就職に有利なのは、
もちろん「人工透析の看護経験」です。

今までに透析の経験があれば、
即戦力として、優先的に採用される可能性は高いと言えます。

しかし、透析の経験がなくても、
採用してくれる病院はたくさんあります。

透析看護の業務自体は、
比較的ルチーン業務が多いので、
しっかりした業務マニュアルがあることが多くなっています。

看護師としての経験があり、
学ぶ意欲があれば、十分に透析看護師として
経験を積んでいくことは可能です。

ただし、その「ルチーン業務が多い」特徴ゆえに、
就職してみたものの、やりがいを感じられずに
短期間で転職してしまうケースもあるようです。

「夜勤がないから」「楽をしたいから」「給与が高いから」という点だけで
安易に転職先を透析に決めるのはやめましょう。

透析看護にはどんな業務があり、
専門性は何なのか?
ずっと透析看護を続けていくつもりなのか?を
よく考えてから透析看護の道を選ぶのが
透析看護を長く続けていく上で
必要になってきます。

透析看護は、かなり特殊な分野です。

インターネットで、「透析 看護」と検索すると
透析の現場で働く先輩看護師さんの
生の声を知ることが出来ますので、
ぜひ参考にしてみてください。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。