ホーム » 年齢から見た求人

40歳看護師の転職│老人保健施設・クリニック・訪問看護などに転職の可能性がある

40歳での転職というと、
一般の企業では、かなりの狭き門です。
よほどのキャリア・スキルを持っていて、
管理職や専門職としての転職ならばありえるけれど・・・というレベルでしょう。

では、40歳の看護師の転職は
どうでしょうか?

一般の企業と比べると、
40歳でも採用される可能性は高いと言えます。

日本労働研究機構が2000年4月に発表した
『求人の年齢制限に関する実態調査』
では、
看護師求人の年齢制限は44.0歳となっています。
これは、タクシードライバーや清掃業、警備業などを除くと
高い年齢でも転職できる部類に入ります。

しかし、「転職が可能」と言っても、
転職先は限られてきます。

まず、40歳までの間に様々な経験を積んでいる場合。
管理職経験があれば、
小規模〜中規模の病院や
老人保健施設などで、
高待遇で転職することも可能です。

こういった病院や施設は、
「管理職」に的を絞って、40歳前後の求人を出している場合もあります。

老人保健施設(特に特養ホーム)では、
医師不在で看護師に判断を任せられることも多いため、
経験値が高いベテラン看護師は歓迎される傾向にあります。
施設によっては、50代での転職をする看護師もいるようです。

施設の中では、特養老人ホームの場合だと、
夜勤なしの求人もかなりあるので、
体が楽かもしれませんね。

ただし、オンコール対応がある施設も多いのと、
どうしても介護業務が占める割合が高くなってしまうので、
そういった業務に抵抗が無い方にお勧めです。

また、クリニックへの転職も可能です。

ずっと病棟勤務をしていて、
夜勤のない職場へ移りたい・・・という場合も、
クリニックへの転職が良いと思います。

実際のところ、クリニックであれば、30代〜40代まで転職できる可能性はあります。

他には、訪問看護の分野も
比較的年齢が高くても転職を歓迎してくれる傾向にあるようです。




タグ /

37歳で看護師に転職│気力と体力があれば十分可能。できれば正看護師の免許取得を。

女性の「37歳」とは、どんな年齢なのでしょうか?

現在、日本人女性の平均初産年齢は2011年の統計で31歳。
37歳というと、ちょうど最初のお子さんが小学校に上がるくらいの
年齢となります。

お子さんが小学校に入るころから、
パートとして社会に復帰したい・・・と考えるケースはとても多いようです。

しかし、実際のところ、資格がない場合にパートを始めるとなると、
スーパーのレジ打ちなど、お給料としてはさほど高給は望めません。

更に、正社員を目指すとなると、非常に狭き門となってしまいます。

そういったことから、女性が年齢を重ねても就職できる道として、
37歳くらいで看護師を目指したいと思う方も、
少しずつ増えてきているようです。

看護学校・看護大学に入学を希望する場合は、
特に年齢制限というものはありません。

実際には、50代で通学されている方も、
ごく少数ながらいらっしゃいます。

学校選びですが、30代以降の方の場合、
私立の専門学校や准看学校を受験されるケースが多いようです。

もっとも入りやすいのが理由のようですね。

就職も考えると、准看護師より正看護師の方が圧倒的に有利ですので、
経済状況や通学年数の点で可能であれば、
正看護師の資格を習得されることをお勧めします。

就職についてですが、
確かに20代の看護師よりは、就職率が落ちます。
しかし、看護師は圧倒的な人材不足。

やる気と人柄があれば、正社員での就職はほぼ間違いなく出来ると思います。

看護専門学校では、ママさん学生も増えてきている様子。

子育て後に、手に職をつけて再就職したい!!という方も、
是非チャレンジして頂きたいと思います。

37歳での看護師転職に必要なのは、『気力と体力』。

特に体力は重要ですので、「体力には自信があって、人が好き!」という方なら、
看護師への道は開かれていると思います。

タグ /

35歳看護師の転職│大学病院や急性期病院以外はまだ広い選択肢がある。

「35歳」という年齢は、転職をする際の1つの目安・区切り考えがちです。

それはなぜでしょうか?

以前は、採用をする際に「年齢制限」をすることが認められていました。

特に女性の多い職場では、
「35歳以下」の求人も多かったことは事実です。

しかし、2007年の雇用対策法の改正により、
この年齢制限が認められなくなりました。

看護師の求人情報を見ても、
「35歳以下」と明記している病院は
あまり無いと思います。

※・これから長期にわたって人材を育成していくための新卒の募集
・特定の年齢層で人手が不足している場合、その年齢層を補うための募集
などの場合は、例外的に35歳以下の求人が認められています。

そのため、ほとんどの方が縛られている「35歳の壁」は
以前ほど気にする必要はなくなってきているようです。

もちろん、20代と比べると、
転職の成功率が落ちてしまうことは否定できません。

特に200床以下の民間病院の場合、
今までの経験が十分あれば、
即戦力として、高待遇で採用してくれる可能性も高いと言えます。

また、クリニックや介護施設などでは、
30代〜50代のナースが活躍しているため、
35歳というと「若い」部類に入ることもよくあります。

これから更に経験を積んでいってくれる対象として、
期待されることも多いでしょう。

逆に、比較的若いナースの多い職場だと、
指導するナースとの年齢や給与のバランスから、
採用を見送られる場合もあるようです。

若いナースの多い職場というのは、
つまり総合病院(大学病院など)や、
急性期の病院です。

こういった病院は、夜勤の回数も多く、
勤務自体もハードであるため、
体力に自信があったり、
急性期の病棟の経験がしっかりある方でないと
転職は難しいと言えます。

とはいっても、個人のやる気や経験値によって、
まだまだ選択肢の広い年齢であることは間違いありません!







タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。