看護師4年目でもらえる退職金について│転職先の退職金制度も確認し、退職時期を決めよう

看護師は、現在5年目までに約半数が
最初に就職した職場を離職すると言われています。

特に、「最初の職場で3年は頑張ろう」と決めて就職する人も多く、
3年目〜5年目での離職は多くなっています。

忙しい看護師の仕事。
土日休みの友人や家族と休みがなかなか合わなかったり、
連休を取りにくいことも多々あります。

そのため、退職して次の職場で仕事を始めるまでに、
数週間〜1ヶ月、リフレッシュの期間を設ける方も多いようです。

退職後の無給の期間、
もらえると安心なのは「退職金」ですよね。

看護師の退職金は、
3年目(丸3年勤務したということ)からもらえることが多いので、
4年目で退職した場合は、もらえることが多いと思います。

また、丸3年は勤めて欲しいという思いから、
4年目以降の退職から退職金が支給される病院もあるようです。

金額は病院によって本当に様々ですが、
50〜100万円というところが多いようです。

実際は、税金等が引かれて、手取り額はもう少し減ってしまいますが、
最低でもお給料1ヵ月分程度が支給されれば、
安心してお休みの期間を過ごすことが出来ますね。



では、3年目、4年目、5年目と辞めるタイミングを比較してみると、
いつ退職するのが最も得なのでしょうか?

もちろん退職するまでの勤務年数が長ければ
退職金は増えていきます。

しかし、新しい病院でそれなりに長く勤めようと思っている場合、
転職先の病院の退職金制度や給与制度を事前によく確認する必要があります。

今勤務している病院の退職金制度よりも、
例えば、新しい病院の退職金制度の方がもらえる割合が高い場合。
前の病院で退職金をもらえる年数まで勤務したら、
早い段階で次の病院へ移った方が、
最終的にたくさんの退職金をもらえることになりますね。

これから退職時期を考える方は、
給与や休暇などの制度に加えて、
退職金に関しても確認しておくと良いでしょう。

お金のことに関しては、自分ではなかなか聞きづらいもの。
特に、退職金に関することはなおさらですね。

人材紹介会社を利用すれば、
担当者が聞きにくいことでも確認してくれるので安心だと思います。


タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。