40歳看護師の転職│老人保健施設・クリニック・訪問看護などに転職の可能性がある

40歳での転職というと、
一般の企業では、かなりの狭き門です。
よほどのキャリア・スキルを持っていて、
管理職や専門職としての転職ならばありえるけれど・・・というレベルでしょう。

では、40歳の看護師の転職は
どうでしょうか?

一般の企業と比べると、
40歳でも採用される可能性は高いと言えます。

日本労働研究機構が2000年4月に発表した
『求人の年齢制限に関する実態調査』
では、
看護師求人の年齢制限は44.0歳となっています。
これは、タクシードライバーや清掃業、警備業などを除くと
高い年齢でも転職できる部類に入ります。

しかし、「転職が可能」と言っても、
転職先は限られてきます。

まず、40歳までの間に様々な経験を積んでいる場合。
管理職経験があれば、
小規模〜中規模の病院や
老人保健施設などで、
高待遇で転職することも可能です。

こういった病院や施設は、
「管理職」に的を絞って、40歳前後の求人を出している場合もあります。

老人保健施設(特に特養ホーム)では、
医師不在で看護師に判断を任せられることも多いため、
経験値が高いベテラン看護師は歓迎される傾向にあります。
施設によっては、50代での転職をする看護師もいるようです。

施設の中では、特養老人ホームの場合だと、
夜勤なしの求人もかなりあるので、
体が楽かもしれませんね。

ただし、オンコール対応がある施設も多いのと、
どうしても介護業務が占める割合が高くなってしまうので、
そういった業務に抵抗が無い方にお勧めです。

また、クリニックへの転職も可能です。

ずっと病棟勤務をしていて、
夜勤のない職場へ移りたい・・・という場合も、
クリニックへの転職が良いと思います。

実際のところ、クリニックであれば、30代〜40代まで転職できる可能性はあります。

他には、訪問看護の分野も
比較的年齢が高くても転職を歓迎してくれる傾向にあるようです。




タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。